お金借りる際に審査が通らないときどうしたらいい?

お金借りる際に審査が通らないときどうしたらいい?

 

お金借りる際に審査が通らない人はそれなりの理由があります。最も大きなものは、他社から多額の借り入れを行っており現在もその残高が非常に多いことや、複数の金融機関から買い入れを行っており、その残高は非常に大きい場合です。

 

また、過去に債務整理などを行っている場合なども審査に通らない理由となります。多くの金融機関は借り入れの申し込みがあった際に信用情報機関と言われるその人の借金の額や債務整理などのトラブルの情報を保管している機関に問い合わせを行うことが多く、その人の借り入れに関する情報を確認することができるので、このような情報が残っていると返済能力がないとみなされ融資が通らないケースが多いのです。そのため、このような経緯を持っている人は十分に注意が必要です。

 

 

それでは、このような形を持っている人は全くお金借りることができないのかというと決してそのような事はありません。過去にこのような経験を持っていても、現在の経済状態が比較的良好であったり、また審査の方法によってはお金借りることができるケースも少なくありません。そのため、融資の申し込みをする際に申込先はどのような条件で審査を行っているかをできるだけ詳しく調べてから申し込むことが必要です。

 

 

過去に債務整理などを行い、信用情報機関にその情報が登録されていると言う人の中には、現在はすべての借金を完済し預金があったり、もしくは安定した収入を得ることができていると言う人も多いものです。正しいこのような人であっても信用情報機関では一定期間債務整理を行った情報が保管されてしまうほか、この情報を検索したことのある金融機関は、自社の顧客情報として保管している場合もあるため、現在の経済状態にかかわらず信用情報機関の情報として問題が発生していると判断され審査が通る事は基本的にありません。そのためこのような審査方法を行っている金融機関は融資を受ける事はなかなか難しいのですが、このような審査方法だけではない審査を行っている金融機関からは融資を受けることができる可能性が高いのです。

 

 

一般的にお金借りることができる金融機関には銀行と消費者金融がありますが、銀行は独自の基準で審査を行っているところが多く、その審査によっては信用情報機関に債務整理等の情報が残っていても融資を受けられる場合があります。

 

銀行では自社との取引の状況を審査において重視する傾向があり、この審査において融資における問題がないと判断される場合には、信用情報機関の情報を検索せずに融資をしてくれるケースも多いのです。特に一定額以上の預金高をその銀行に持っていたり、住宅ローンや自動車ローンなどの金融商品をその銀行で利用し完済した実績がある場合には返済の実績があるとみなされ、融資を受けることができる可能性が高くなります。

 

さらに最近では消費者金融やクレジット会社のカードローンにおいては総量規制と呼ばれる借り入れ額の総額が一定の基準を超えてはいけないと言うルールがあります。柱として年収の3分の1と言う金額が設定されており、これを超えてしまう場合には新たな消費者金融やクレジット会社から融資を受ける事はできないようになっています。

 

しかしこの総量規制の対象から銀行の融資は外されているため、銀行の独自の審査で融資可能と判断された場合には総量規制で規定される金額を超えていた場合であっても融資を受けることができるのです。そのため、消費者金融やクレジット会社などで審査が通らない場合であっても、銀行に融資を申し込むと審査が通るケースが少なくありません。特に収入がない専業主婦の場合総量規制においては一見も借りることができないことになってしまいますが、銀行の場合には配偶者である夫の収入や本人のその銀行に対する預金残高等が審査の対象となり、一定額の融資を受けられる可能性があるのです。実際に多くの銀行では専業主婦向けのカードローンを取り扱っているところもあり、比較的高額の融資を受けられる場合もあります。

 

お金借りる際に審査が通らない場合には。審査が通らない原因をしっかりと把握しておくことが大切です。その原因によっては他の金融機関に審査を申し込んでも同様に断られてしまう可能性があるため、その原因に応じて申し込み先を変えることが大切です。

 

総量規制や信用調査機関の情報が原因で審査に通らない場合には、これらの審査における重要度が低い銀行等の融資の審査の場合には通る可能性もあるため、このようなところに申し込みを行うことが大切です。ただし、金融機関は基本的に返済の能力がないと判断される人に融資を行う事は無い為、実際の借り入れ額が非常に高額になっていたり、年収に対しての借り入れ額が大きい場合などはどの金融機関に申し込んでも審査が通らない可能性が高いので注意が必要です。このような場合には融資を受けてもこれが返済できなくなってしまう可能性が非常に高いため、まずは専門機関に相談し現在の車金を減らすための方策を実施することが大切です。