楽天ローンカードは無職でも審査が通ると私も聞いたことがあります

楽天銀行カードローンの審査基準 審査否決になる人の特徴をチェック

 

楽天銀行カードローンは、大手他社と比較して審査のハードルが低いことで有名です。

 

安定した収入を得ている人であれば、パートやアルバイトの方でも利用可能となっています。

 

そのため多くの方が利用されていると思いますが、中には審査に落ちてしまう人も当然ながらいらっしゃいます。

 

一般的にカードローンの審査が行われる場合、その判断は「属性」「信用情報」の2つの基準よって行われます。

 

「属性」とは申込者の基本情報で「年齢・職業・勤務先・年収・家族構成」など生活に関する情報のこと。

 

「信用情報」は過去に行った金融利用履歴のことです。

 

「個人信用情報機関」に加盟している金融機関は情報を共有しているため、他社で借りたキャッシングなどすべての金融履歴等の記録が利用された上でカードローン審査は行われます。

 

カードローン審査で落ちてしまった場合、この2つの基準のどちらか、または両方をクリアできなかったということです。

 

「属性」審査で落ちてしまう要因としては、「収入が低い」「仕事が安定していない」などが挙げられます。

 

当然ながら「収入の低い」人は、返済能力も低いと考えられるため審査に通る確率は低くなります。

 

100万円程度の収入では、審査にはかなり不利といえます。また「収入が安定していること」も大事です。

 

これは「仕事が頻繁に変わっている」というのはもちろん、たとえ一定の仕事についていても「毎月の収入が不安定」という場合も含まれます。

 

そのため年収が高い場合でも、カードローンの返済に重要となる「毎月の支払い」に対応できる「毎月の安定収入」がない場合には、審査上は不利な要素となります。

 

また「勤続年数が短い」ことも、仕事が安定していないとして不利な要素です。

 

「信用情報」審査で落ちてしまう要因としては「他社で多くの借り入れを行っている」「短期間に複数会社にローンを申込んだ」「未払い・延滞をしたことがある」などが考えられます。

 

複数の会社からローンやキャッシングを利用している状態は、審査上は不利な要素となります。

 

「借入額」のみならず、「借り入れを行っている会社の数」も重要です。5社以上の業者を利用している場合にはかなり不利になると考えられます。

 

「短期間に複数社へ申し込んだ」場合、現在の返済能力がかなり低いと判断されてしまうため、審査に落ちる可能性が高くなります。

 

他社への申し込みを行っていた場合には、少なくとも数か月程度は間をあけてから申し込みをすべきでしょう。

 

また「過去の未払いや延滞」情報はすべての金融機関間で共有記録されているため、そのような経験が多いほど、審査は不利となります。